カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ



 

ニュージーランド産の原材料

 
 

K9ナチュラルの生産地は大自然のニュージーランド
ニュージーランドの広大な自然の中で、人間食用に育てられたお肉を使用。

 
 
「K9ナチュラル」は、自然豊かなニュージーランド生まれ。

原材料は、生産から製品の加工まで、全て厳しい審査のもと管理されています。

「K9ナチュラル」の肉類は、羊、牛、鹿、鶏と、肉の種類が選べます。

これら肉類の品質は、豊かな大地に放牧されて育った、健康な人間食用の家畜・家禽を用い、成長ホルモン剤や抗生物質、サプリメントなどは一切、使用していません。

ニュージーランドでは、BSEや口蹄疫は、2015年12月現在発生しておらず、病死や衰弱した家畜・家禽、ヒヅメや尻尾、鼻などの廃棄部分も一切使用していません。

※家畜の飼育環境は世界トップクラスです。
 
 



 
 
 

農業先進国でもあるニュージーランド。 フレッシュな野菜や果物も、安全安心。 



肉類だけでなく野菜と果物にも、安全なニュージーランド産を使用しています。

農業先進国として知られるニュージーランドは、政府による管理基準が厳格で、農作物の品質の高さや信頼性は世界中から評価されています。

「K9ナチュラル」は、ブロッコリーやカリフラワー、にんじん、チャード※、キャベツ、りんご、洋なしなど、使われるすべての原材料に、人間が食べられる新鮮な農作物を使用しています。

また、ニュージーランドのきれいで澄み切った海域にのみ生息する「ニュージーランド緑イ貝」にも注目。

オメガ3脂肪酸、グルコサミン、コンドロイチン、ビタミンやミネラルを含んだ最高の自然栄養源を配合しています。

※ニュージーランドでポピュラーな葉野菜
 
 


 
 
 
 

ペットの健康のために、とことん素材にこだわっています。

 
 
豊かな環境で育った、新鮮で安全な家畜・家禽や農作物を用いることが、愛犬の健康を保つための第一歩。

そのための最善の選択として、私たちは優れた土地の原材料を厳選して使用しています。
 
 



 
 
 

食性にあったレシピ

 
 

一般的なドライフードと生食の違い

 

ペットの食事は、家族の食事。ちゃんと原材料を気にしていますか?

 
 
あなたは、ペットに与えているフードの原材料を知っていますか?もしご存知なければ、一度、箱を裏返して原材料表記をご覧になってみてください。

今、世界で売られているペットフードの多くには、安価に大量生産をする為に穀物が使われており、肉類は全体の20〜30%程度しか入っていないのが一般的です。

しかし、穀類はアレルギーを引き起こす原因の1つになるとされ、犬・猫にとっては、本来の食性に合っているとはいえません。

また、コストや利便性を優先するなかで、着色料や、人間の食品には使わない添加物も使われているのが現状です。
 
 
 

 
 
 
 

犬も猫も、もともと肉食動物だから。穀物不使用の生食フード。

 

 
「K9ナチュラル」は、このような状況に胸を痛めた警察犬ハンドラーが、多くの犬たちに安心・安全で健康的な食材を提供したいとの意思で開発した、肉類を中心に作られた(※1)、穀物を一切使用しないペットフードです。

「K9ナチュラル」では、上質な生肉をはじめ、鉄分やミネラルが豊富に含まれる新鮮な血液、カルシウムとなる骨や、心臓・レバー・腎臓・グリーントライプなど(※2)、ペットにとって本当に必要な栄養素を、自然の食材から摂ることができます。

原材料の肉類には、厳しい管理基準のもとで育てられたニュージーランド産を使用。

なかでも、厳重な検査を経て、安全が確認できた素材のみを採用しています。

※1原材料のうち、ドッグフードでは90%以上、キャットフードでは99%以上が肉類で占められています。
※2グリーントライプは反すう動物の胃袋で、消化酵素や、乳酸菌などの善玉菌(プロバイオティクス)を自然なかたちのまま摂取できる、K9ナチュラルの原材料です。
 




 
 
 

肉(骨、血、内蔵含む)約90%以上

 
 
生肉
 
 
私たちがレストランで食べるものと同等の高品質のお肉のみを使用しています。

厳しい基準により成長ホルモン剤、抗生物質、サプリメントなどは一切使用せず、病気の家畜や廃棄部分も一切使われていません。
 

 
骨(ボーンパウダー)
 
 
骨(ボーンパウダー)はカルシウム、グルコサミン、コンドロイチンの貴重な栄養源です。

粉末状にされた骨・軟骨は栄養の消化吸収が良いため、良質な栄養素を自然本来の形で摂取することができます。
 

 
 
 
血は体中に栄養素を運ぶ栄養満点な液体で、豊富な鉄分やミネラルを含んでいます。

良質な環境で育てられた家畜の血をフードに配合しています。

血を配合したフードにより、歯がきれいになったという報告も寄せられています。
 

 
グリーントライプ
 
 
反芻(はんすう)動物の胃袋であるグリーントライプ。

配合されているのは洗浄・漂白を行っていない生のトライプです。

消化酵素や乳酸菌、犬の体に良い影響を与える微生物・プロバイオティクスが大量に含まれた、愛犬の本能を刺戟するおいしさです。



 
 
 

野菜、果物

 
 
野 菜
 
 
農業先進国として知られるニュージーランド産の野菜。

ブロッコリー・カリフラワー・にんじん・チャード(葉野菜)・キャベツは、新鮮で安全な人間用の食材のみを使用しています。
 

 
果 物
 
 
ニュージーランド産の新鮮で安全な人間食用のりんご・洋なしを使用しています。

ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で、余分な塩分を排出し、血圧を下げるとされるカリウムも含まれています。



 
 
 

卵、緑イ貝

 
 
 
 
平飼いで、ホルモン剤などが使われていない、人間食用に生産された鶏からとれる新鮮な卵だけを使用しています。

タンパク質や葉酸、鉄、リン、亜鉛、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンBが豊富に含まれています。
 

 
緑イ貝
 
 
ニュージーランド沿岸の清らかな海で育った緑イ貝。

レストランで提供されているものと同等の、高品質なニュージーランド産緑イ貝のみ使用しており、コンドロイチン、グルコサミン、コラーゲンによる関節ケアが期待できる他、良質のタンパク質、バランスの取れたビタミン、抗炎症作用等で知られるオメガ3脂肪酸(EPA・DHA)なども含まれます。



 
 
 

天然素材

 
 
ひまわり油
 
 
オレイン酸(オメガ9脂肪酸)やリノール酸(オメガ6脂肪酸)が豊富で、保湿効果が高く、皮ふや被毛に良いとされています。
 

 
フラックスシードフレーク
 
亜麻仁の実には、α‐リノレン酸(オメガ3脂肪酸)が豊富です。また水溶性・不溶性の食物繊維が豊富なので、排泄がスムーズになる効果が期待できます。
 

 
海藻
 
 
昆布(ブラウンケルプ)と乾燥昆布(グリーンケルプ)を使用しています。

食物繊維が豊富で、ヨウ素の不足も補います。
 

 
炭酸カルシウム
 
 
サンゴや魚の骨などが堆積してできた、カルシウム純度の高いニュージーランドとオーストラリアのライムストーン(石灰石)を使用しています。

食用や医療用としても利用されるカルシウム補給成分です。
 

 
プロティネイト・ミネラル(亜鉛、鉄、銅、マンガン)
 
 
そのままでは吸収しにくいミネラルを、タンパク質化した天然の必須ミネラルです。
 


 
 
 

サプリメント 全体の0.01%

 
 
ビタミンE、ビタミンB1、葉酸
 
 
自然由来の原材料に特有の、季節による栄養価の変動に対応するため、必要最小限のサプリメントを使用し、栄養成分値の安定と、生食の鮮度を向上させました。

このサプリメントは、アメリカおよびヨーロッパで製造され、ニュージーランドの厳しい安全基準をクリアしたものを使用しております。
 


 


 

犬用フードの与え方

 
 
1. 愛犬・愛猫の体重をはかります。 〈給与量:体重1kgあたり約8g※/日分〉
※あくまでも目安です。体質や代謝量を考慮し調節してください。
2. 1日量を与える回数で割り、1回食分をフードボウルに入れます。  
3. 粒をほぐし、フード量の3倍の水(またはぬるま湯※)で生食の水分値に戻します。
※栄養価を壊さないように37℃以下を使用してください。
※戻さず与える場合は、必ず飲み水をそばに置いてください。 
4. よく、かき混ぜてから与えてください。
・成長期のコは、成犬時よりも多くの量が必要です。
・内臓の未発達な成長期や、消化吸収が衰えてくるシニア期は、1回食分の量を少なくして、食事の回数を3〜4回に増やしましょう。
(お腹が空きすぎて、胃液を吐いてしまう場合も、同じ方法が効果的です。)
・活動的なコや、代謝量の多いコは、体重1kgあたり10gで計算(体重の4%換算)して、体重の増減を見ながら調節しましょう。
・水で戻すと食べないコや、乾いたものの方が好きなコの場合は、そのまま与えても大丈夫ですが、食事からの水分摂取はとても大切です。
必ず、飲み水をそばに置いて与えてください。

 




 



与える量はどのくらい?


 
【1日分の給与量早見表】
K9ナチュラルは、生食をフリーズドライにしてるので、基本的には水を加え、生食に戻して与えるフードです。
1日分の給与量は、生食に戻した量が、体重の3〜4%になるように計算されています。
体重1kgあたり8gで計算すると、ちょうど体重の3.2%で計算できます。
こちらは成犬時の目安ですので、愛犬の運動量や代謝量、年齢などを考慮して、給与量を増減し、調節してください。

 




 



与え方のコツ 【フードローテーションについて】


 
K9ナチュラルでは、フードを2種類以上用いて、「ローテーション(種類の交換)」を お勧めしております。
K9ナチュラルのフードは、それぞれの肉の種類によって、動物性のタンパク質の栄養素の割合や必須アミノ酸・ 必須脂肪酸の値に特長があります。
自然界においても、肉食動物が毎回、同じ獲物を食すことは少なく、色々なタンパク源を摂取することで、体内の栄養バランスを整えています。
また、同一タンパクを摂取し続けることで生じると言われる、“食物アレルギー”の対策としても有効です。
そして、何より、違う種類の「お肉のご馳走」が出てくることで、食事を楽しみ、待つようになり、食べムラや食べ飽きを防ぐためにも、とても、効果的です。

 
 


 
 
 

K9Natural(K9ナチュラル)誕生ストーリーについて

 
 

PRODUCT LINEUP

製品紹介