カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • Markus Muhle(マーカス・ミューレ)
 
犬は数千年前に現れ、その頃の食事はベリーやハーブ、草、魚や昆虫などでしたが、時間とともに、主要な食事は、肉だけではない動物の骨・動物の腸、腐葉土、半消化された草(植物栄養素)、猟獣などへと変化していきました。昔は、健康的な生活や成長に必要なためのすべての物がありました。しかし残念ながら現代では、そのような事すら忘れ去られています。
 
◆どのように作られたか? 獣医師、犬舎管理者、ブリーダーのアイデアが参考になっています。彼らから、出来うる限りの自然な材料を使ったドッグフードを作ってほしい。そこから始まりました。LUPOグループもこのコンセプトに感銘し、彼らの要望に応えた物がコールドプレス製法なのです。
◆キブル(粒)は特別なペレット状で製造しております。これは「歯のクリーニングや咀嚼」を考えて作られました。また、唾液を十分に分泌させる効果もあります。
◆すべての固形原料は、特別な方法で粉砕されフードに使用されます。コールドプレス製法が重要な栄養素を壊さないと同様に、混合工程においても最適な温度管理を行い品質を保っています。


 
 

LUPO SAN社



 



 
LUPOは15ヶ国に商品を提供しています。製粉業をしていたJosefOlbertsniによって、約50年前に現在の基礎が築かれました。経営哲学は「In harmony with natural」[自然との調和]この哲学が会社の基本方針の中心となって商品開発から行っています。 この哲学に沿って、天然素材を使用する事。動物実験を行わない事。GM(=遺伝子組み換え)フード、人口添加物を使用しない事をポリシーとしています。 また、地元住民を雇用し、Co2排出量を削減するために水力発電により商品を製造しています。
 
■ LUPOの主な輸出先
イギリス、スペイン、スイス、ノルウェー、スウェーデン、チェコ、デンマーク、フィンランド、オーストリア、ベルギー、ハンガリー、ポーランド、フランスなど
 
■ 特別な製法「コールドプレス製法」を用いています。
■ 加熱温度は50度以下。「すべての栄養素をそのままに」
 
彼らはの考えは全て「愛犬目線」です。また、輸送についても冷蔵コンテナを指定するほどです。 LOWフードの様な、ドライフードを愛犬の皆様にお伝え致します。

 


 

 
Q1.ヒーリングアースとは?

天然のパウダーで、傷や感染に対して働き、筋肉にも良いです。
(黄土の土・粘土から作られたものであり、ミネラル類を多く含んでいます。)

 
Q2.猟鳥獣類って何ですか?

鹿肉ミールを使用しています。(アヤ鹿)

 
Q3.フィッシュミールとは何ですか?

魚は大西洋産です。季節の魚を使用しています。(タラ・サーモンなど)

 
Q4.使用されているハーブは何ですか?

パセリ、マージュラム、フェンネル、タンポポ(これらのハーブは消化器官である胃や腸に良いとされています。)

 
Q5.パースニップとは?

ニンジンの様な肉質の白い主根を食用とするものです。パースニップには、ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれており、整腸作用・動脈硬化予防などに効能があります。

 
Q6.コールドプレス製法のオイルを使用とは?

28℃以下の温度で搾油したオイルのことを指します。コールドプレス製法により、オイル本来が持つ天然成分を損なうことなく搾ることができます。(28℃はオイルが変質しない温度の目安です。)
ルポ・ナチュラルは水に沈みます。 5分後には、このようにボロボロになり、胃捻転に配慮しています。
上…他社製品 下…ルポ・ナチュラル


 


 

Markus Muhle(マーカス・ミューレ)ラインナップ